【スピードレシピ】めんどくさい日の「ひと鍋飯」〜冷やし豆乳醤油鍋〜

夏にぴったりの冷やし豆乳醤油鍋。フライパンで作りました。
土鍋を出すのが面倒な日はフライパンで作っちゃいます。

一汁三菜、毎日きちんと並べなくてもいい。ときにはあるものをチャチャっと鍋に放り込んで、食事をとる時間をゆっくり過ごそう!そんな日の我が家のテーマは「ひと鍋飯」。ひと鍋で作れて、ひと鍋で野菜もタンパク質もたっぷり摂れる!そんな楽チンご飯を紹介します。

こんにちは。だっこです。

七月に入り、いよいよ夏到来!という空気ですね。今日ご紹介するのは「冷やし豆乳醤油鍋」。

いわゆる「鍋料理」と言えば冬の定番ですが、暑い夏こそ、すぐに作れて食べて元気になれる「鍋料理」が重宝しそう。そこで、我が家の冬の定番「豆乳鍋」を、暑い日にぴったりのさっぱり味と冷たいスープにアレンジしてみました。

スポンサーリンク

【レシピ】冷やし豆乳醤油鍋(2〜3人前)

冬はゴマと味噌でクリーミーで濃厚な味わいに仕立てる鍋つゆを、醤油と生姜でさっぱり夏仕様に衣替えしました。

材料【鍋に入れる順】

A

  • 昆布のだし汁 600ml
  • 酒 大1                      

B

  • 長ネギ 1個
  • エリンギ             2本
  • ぶなしめじ           1束  
  • 豚ロース            お好みの量

C

  • チューブ生姜          1センチ
  • 醤油              大2
  • 酒               大2  
  • 豆乳              200ml
  • レタス             半玉
  • プチトマト           適量
  • ごま油             適宜
  • おこのみで柚子胡椒

作り方

①  Bの豚肉に分量外の酒を振る。長ネギ・エリンギは薄切り、しめじは手でほぐしておく。Cのレタスは千切り、プチトマトは半分に切り、Bの野菜と分けておく。

②  Aを鍋に入れ、沸かす。

③  Aの長ネギ、キノコ、豚ロースをだし汁にくぐらせて火を通し、まな板に取り出しておく。

④  だし汁のあくを丁寧に取り除く。

⑦  Cの生姜、醤油、酒をだし汁に加え、一度沸騰させる。

⑧  火を止めて豆乳を加え、だし汁を冷ます。

⑨ だし汁が冷めたら❷、❸の材料を鍋に戻し、レタスを添える、ごま油をまわしかけて出来上がり。

⑩ 暑い日には醤油と豆乳を濃いめに作り、氷を入れてより冷たさを楽しんで!

POINT

我が家の冬の定番、豆乳味噌鍋をアレンジしたレシピです。冷やして食べる鍋なので、さっぱりしていてスープに馴染みやすい醤油を使いました。スープまでごくごく飲めるあっさり味です。

工程③で、火を通した野菜とお肉をまな板に取り出すのは、洗い物を増やさない工夫です。お好みで、柚子胡椒をスープに溶いてみてください。ピリッとアクセントが効いて豚肉によく合いますよ!

↑↑↑愛用している野田琺瑯のキャセロール。保温性が高いので、火を止めてもじっくり食材に火が通って省エネ。深鍋なので、カレーやシチューがたっぷり作れます。

この記事を書いた人
だっこ

趣味は料理。調味料。クラフトビール。特技は整理整頓。
食生活アドバイザー・フードアナリスト・食農検定2級取得など、
食に関する勉強が好き。夫テムさんの助けを借り、ブロガーに挑戦。
Twitterでもつぶやいてます。

だっこをフォローする
ダコメシ
スポンサーリンク
東京2Kネコトコライフ